一秀くんの同級生のブログ

hirarin601.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

日本も格差社会に?

a0090889_11261056.jpg


買ったままずっと本棚にあった本「ルポ 貧困大国アメリカ」堤未果著(岩波新書)をやっと読みました。

2008年の日本エッセイストクラブ賞を受賞していて、とても良質なレポートです。

もう8年も経っていますが、アメリカで起こったことが5年遅れて日本でも起こると言われているので、日本に置き換えると、決して古くない内容だと思います。

アメリカでは、政府が大企業優遇政策を進めていくことにより、中間層が没落し、金持ちと貧乏人の差が激しくなる格差社会になり、大多数の貧困層の人々が「貧困ビジネス」によってさらに搾取され、惨めな生活を余儀なくされているという内容。

「貧困ビジネス」とは、貧困層の若者が高卒後には兵隊になるしかないような構造が出来ていたり、民間人が「海外派遣」という名目で戦地で働かされたりするうちに、劣化ウランを摂取せざるを得ない状況に追い込まれ、取り返しのつかない健康被害を受けるも、全く何の補償も受けられない人々を丁寧に取材しています。

戦争をビジネスにしている大企業が、下請け企業を使って、貧困層の人々を家畜か物のように消費している。人々の命や健康を奪っても、民間の下請け企業からの派遣という、責任の所在がはっきりしない形を取っている。
戦争は国家間で行われているのではなく、グローバル企業が、利益追求のために国家や勢力を持ち駒にして行なっているという視点です。

これだけでも、すごい暴露話だと思うのですが、「トンデモ本」にされないために、かなり抑えて書いてあると思いました。

著者の堤さんには、いろいろな情報が入っているだろうし、さらに汚い事実や人や企業もご存知だろうけれど、誰が見てもわかる統計情報や自分が取材した事実だけをデータにしています。

だから本当に怖い話なのです。

日本もこの路線をたどっているように思えます。

日本の軍事費(防衛費)は世界8位だそうで、年金はじわじわと削られているし、アメリカのようにメディアも買収されているように感じます。

つい先頃のアメリカ大統領選の報道も、クリントン氏が勝つとの応援報道一色でしたね。

アメリカと違うのは、第二次大戦で負けを経験した人達がいて、戦争の悲惨さを身を以て訴えてくれている点です。

朝ドラでも、戦時中の苦しい場面が繰り返し出てくるので、日本人の心の中に戦争は忌まわしいものという意識が刷り込まれているのがせめてもの救いだと思います。

映画「ランボー」のように、自分一人が生き残るために大量殺戮をしてもカッコイイという考え方が後から刷り込まれたとしても、、、。

堤さんは、トランプ氏を応援していたそうですね。

トランプ氏は資産家なので、政治献金をしてもらう必要がなく、企業の言いなりにならないところが良いのでしょうね。
# by hirarin-601 | 2016-11-27 11:23

与沢翼さんの動画

与沢翼さんがメルマガで、日本経済の先行きについて話しています。

8月20日(土)の「池上彰のニュースそうだったのか!!」で、借金が増え続ける日本経済に関しての解説を見て、与沢さんはその晩眠れなかったそうです。

日本の政府関係者には危機感がなく、増え続ける借金問題を誰も解決しようとしていない。

国民の金融資産に手をつけるつもりなのではないか?

あと10年で日本は破綻するのではないかと、与沢さんは言っています。

それまでに、私たちは何をしなければならないのか?



第11話 経済の実情と下から這い上がることの難しさ
https://www.youtube.com/watch?v=V1XWirPwfDY

# by hirarin-601 | 2016-08-26 13:41

「戦争のつくりかた」アニメーション

国が戦争すると、国民はこうなるよって教えてくれる動画です。
日本人が過去にやってきたことです。

『戦争のつくりかた』
# by hirarin-601 | 2016-08-02 00:19 | オススメ

「安倍政治の本質とブレイクスルーの方策」講演動画

第14回「世界友愛フォーラム勉強会」の公開映像をシェアします。

講演者
オールジャパン平和と共生  運営委員  植草一秀氏
「安倍政治の本質とブレイクスルーの方策」
 2016年5月24日

https://www.youtube.com/watch?v=AYaIEPu5vTk


勉強会を主催する東アジア共同体研究所の理事長である、鳩山由紀夫元首相と並んで講演する植草氏。

元首相が、「既得権益と戦って災難に遭われた植草氏」と紹介しています。

鳩山氏は冤罪とわかってくれているのですね。

感慨深いものがあります。
# by hirarin-601 | 2016-06-30 10:51

心機一転

このブログを始めて10年。

まさか、まだ存在しているとは自分でもびっくり。

やってもいない罪に問われ、拘置所に入れられた同級生の植草一秀さんを、見ず知らずの方が炎上に晒されながら、ブログで真実を発信していたのに心打たれて始めたものだ。

当時は自分の意見を世間に物申すことができることにびっくりしながらも、まだまだ個人の発信が拡散することはなく、テレビ・新聞・雑誌の力には勝てないでいた。

マスメディアで誤った情報を流されると、個人は取り返しのつかない痛手をこうむっていた。

今では、スキャンダルに巻き込まれた有名人も、自分のメディアで反論できる時代になり、10年前と比較にならないほどスマホが普及したため受け手が増えて、情報が広く伝わるようになった。

植草さんは、法律的にはまだ名誉回復できていないけれど、個人的には立派に再生して活躍していらっしゃる。

堀江貴文氏と同様、世間では冤罪であることをわかってくれているように思う。


実は、植草さんの無実を、一番伝えたかった人に、ちゃんと伝わっていたことが確認できたのです。
バンザイ\(^o^)/



そこで、このブログも植草さんから離れて、完全に管理人の考えのみを伝えるブログにリニューアルしようと思う。

私の価値観を大きく変える契機となったのが「植草事件」であり、世界の見方を大きく変えるものであったため、そこで得た視点を読者の皆様と共有するブログにしたい思う。

しかし、植草さんの考えとはちょっと違っていて、全くつながりはない。

その他にも立派な同級生がいるので、活動を紹介したいと思っている。


2016年4月1日。

とってもキリが良いので、今日から新しいブログになることを宣言します!
# by hirarin-601 | 2016-04-01 13:27 | 管理人のつぶやき

2006年の事件について---その3


当時、この事件に興味を持った人達が、植草さんを応援するブログや、2チャンネルをはじめとしたネットで、事件について大論争を繰り広げていた。
植草さんが無実だと思う人と、そう思わない人との激しい論戦で「植草一秀氏を応援するブログ」は連日の大炎上。
私などは、ただ植草さんの人柄への確固たる信頼感から、わけもわからず加わっていたのだが、今思うとかなりの数の専門家が入っていて、あのような大がかりな炎上となったのではないかと訝しんでいる。

経済や政治の裏側に詳しい人、法律関係の人、報道関係の人が、数多くネットの書き込みに関わっていた。
もちろん、皆身分を隠したままの意見交換なのだが、ど素人の私には驚くばかりの専門知識をさらりと言ってのける人ばかりだったのは、今考えても不思議だ。

その中で特に印象的だったのは、反対派の人が常に、
「目撃者探しをしたのか?」
という問いかけをしてきたことだった。
この人達は痴漢事件の特殊性をよくわかっている人達だったのだと、今にして思う。

まだご存知ない方は、「痴漢冤罪率」というキーワードでインターネット検索してみてほしい。
最近は良くなったとはいえ、まだ有罪率は99%と出るのではないだろうか。
当時は99.9%が有罪になると言われていた。

なぜそんなことになるかというと、電車内の痴漢事件では、警察は捜査を一切しないからだ。
被害者の申し立てを事実とし、容疑者の言い分を全く無視した聞き取りをして調書を作成し、裁判にかけるだけだからだ。

事件の4か月後に、周防正行監督の映画「それでもボクはやってない」が上映される。
周防監督は、何年も裁判の傍聴を続けて、痴漢冤罪事件を徹底調査して映画を作り上げた。
映画では、電車内での痴漢の容疑を問われた主人公のために、友人たちが駅で目撃者探しをする。

痴漢事件のための目撃者探しなど、警察は絶対にやらないのだと、当時の私は知らなかった。
けれども、警察関係者なら知っていただろうと思う。
更に、弁護側が証人を自分で探さなければならない理由も、後になってから気付いた。

植草さんの裁判では、二人の目撃者が裁判で証言した。
検察側と弁護側双方が、目撃者を立てたのである。
植草さんが「誰とも密着せず、眠った状態で吊革につかまっていた」ことを、自ら名乗り出て証言した目撃者がいたことは、残念ながらあまり知られていない。

不公平なことに、検察側証人は事前学習ができるのに対し、弁護側の証人は裁判官の心証を良くするための配慮から、ぶっつけ本番しか許されない。
検察側目撃者は証言する前に、何回か検察と証言内容の打ち合わせをしていたが、弁護側の目撃者は事前の打ち合わせは一切していない。
ということは、検察側目撃者がレクチャーを受けて、検察が描いたストーリーのとおりに証言することもあり得たわけだ。
更に考えると、もしも弁護側の目撃者が、弁護士でなく警察に名乗り出ていたらどうなっていただろう。
証人として採用されなかったかもしれないし、やんわりと脅されて口をつぐんだかも知れない。
だから、証人探しは被告人側が自らやらなければいけなかったのだ。

ついでに言うなら、検察側目撃者は、植草さんが事件当時に特徴のある眼鏡をかけていたことに気付いていなかったし、公判の時に体重が10キロ近く減っていたことにも気が付かなかった。
つまり、この証人が目撃した犯人が植草さんでなかった可能性を、誰もが考えてしまう。
更には、被害者の証言とは立ち位置が矛盾していた。

このような公判の進行状況から、私は判決に大いに期待をしていたのだが、残念な結果となってしまった。


今日で、あの事件からちょうど9年になると、ライン仲間の同級生に教えられた。
すっかり忘れていたが、植草さんは忘れようとしても忘れられないだろうなあと、申し訳ない気持ちで一杯になりこれを書く。

世の中の人が一人でも多く、真実を知って欲しいと心から願っている。(完)

# by hirarin-601 | 2015-09-13 23:56 | 事件

2006年の事件について---その2


科学捜査研究所の分析結果は、「青色の繊維」というだけの大雑把なもので、傍聴記をネットに出してくれた見ず知らずの方は、「これで有罪にされたのではたまらない」と書いていた。

裁判で証言した研究員がたまたま女性だったことから、当時、ネットでも「科捜研の女」と話題になった。
私は沢口靖子主演の「科捜研の女」は、その頃好きなドラマだったが、実態とあまりにも違う科捜研に失望し、ドラマも見なくなった。

検察側の科捜研が、手に付着した繊維を被害者の服の繊維との関連性を特定できなかったのに対し、植草さんの弁護側では大学教授に依頼し鑑定をしてもらったところ、駅員の制服の繊維と同じ可能性が高いことがわかった。

それでも、その証拠を裁判所が却下してしまった。
日本では科学捜査の重要度はとても低いのだと思った。

犯罪捜査に科学的視点を最初に取り入れたのは、シャーロック・ホームズだという。
医師でもあったアーサー・コナン・ドイルが、推理小説シリーズ『シャーロック・ホームズ』を世に送り出したのは、120年程前。

ホームズは、現場に残された足跡や遺留物などを分析して推理を重ね、鮮やかに事件を解決。
その小説に影響を受けた捜査官によって初めて、科学捜査が行われるようになったという。
なんとそれまでは、警察の捜査は目撃証言や自白に頼るばかりだったので、多くの事件が未解決だったそうだ。

それでも欧米はまだいい。
少し前の時代劇でよく見た、お役人が犯人に拷問して自白を迫る場面。
刑事が机をバンバン叩いて容疑者に自白を迫る、ドラマのシーン。

それがテレビの中の話ではなく、自分の身に起こったとしたら?・・・。
植草さんも本質的に同じことを経験させられている。

日本の警察は、痴漢事件では特に、
客観的に証拠を検証することなく、
まずストーリーを作り上げてから、
そのストーリーに沿った自白を取ろうとする。
ストーリーに合わない証拠は、もしあっても開示しなくてよいことになっている。

それがこの事件を通して私が知った事実である。

(つづく)


# by hirarin-601 | 2015-08-06 00:26 | 事件

2006年の事件について---その1

植草さんの冤罪事件について、ご存知ない方もいらっしゃると思うので、簡単に振り返ってみます。
報道されていない事実があったことや、事実と違う報道がされていたことを知らない人がほとんどなのではないでしょうか。

2006年9月13日、当時植草さんが顧問をしていた会社の懇親会の帰りに、事件に巻き込まれた。
右手で電車のつり革につかまって、重いバッグを肩から下げて、左手で傘の柄を上からつかんで持ち、半分眠った状態で乗っていたところ、突然女性の声で目が覚め、一方的に痴漢の犯人と決め付けられた。
被害を訴えた女性と話もできないまま、その場にいた乗客によって、ほとんど力ずくで駅事務所に連れて行かれた。

ここからはいわゆる「痴漢冤罪のベルトコンベアー」に乗せられてしまう。
容疑は、「スカートの上から女性のお尻を触った」というものだったのだが、二日後に検察庁に行くまで、本人は何を疑われているのか知らされないまま、犯行を認めたという文書が警察でねつ造され、ウソが報道された。
駅で犯行を認めるも、後になって警察のでっち上げだと植草さんが言ったと報道されているが、事実無根である。
何の容疑かわからないのに、犯行を認めようがない。
警官が「でっち上げだって言うんだな」と言ったのに対し、植草さんが「そんなことは言っていない」と言い返したというやり取りがあったと、植草さんは後に書いている。
植草さんが「事件は警察のでっち上げだ」と言ったと当時報道されたが、それはウソ。
警察はウソをマスコミに流し、マスコミによってはウソに尾ひれをつけて報道した。

被害者の服に触れた証拠をとるため、指に付着した繊維を調べられたとき、植草さんは内心、これで容疑が晴れると思ったそうだ。
ところが、である。
科捜研って一体何やってんだろう?と笑っちゃうようなお粗末な結論。

(つづく)

# by hirarin-601 | 2015-08-05 12:50 | 事件

同級生が講演会に参加

a0090889_12142660.jpg


a0090889_23084291.jpg




  笑顔!!





同窓会の20日前の6月8日(月)に、
植草さんの講演会が行われ、同級生7人が参加した。

会の主催者のご厚意により、講演会後の懇親会では、
植草さんを同級生が取り囲んで、思い出話に花を咲かせたそうだ。
ただ、昔の彼の屈託のない笑顔をなかなか見ることができなかったと、
参加した同級生一同、ため息交じりに報告してくれた。
最後の方でやっと出た、彼本来の笑顔を撮影した同級生は、自慢げだった。

2006年事件では、宴会の帰りに、電車内で半分眠った状態で事件に巻き込まれた。
かなりの量の飲酒をして電車に乗ったことから、
当時、彼を支援する人達からも、脇が甘いとの指摘を受けて反省していた。
その反省の気持ちがいつまでも続き、
今でも飲み会でリラックスできないのは気の毒だと思った。
飲酒と事件とは無関係だったにもかかわらず!!
無実の罪で逮捕された2006年9月から、
彼はずっと心の底に癒されないしこりを抱えたままいるのだろうと、
今更ながら思った。

植草さんにとって、事件はまだ終わっていない。
植草さんを応援する私たち同級生にとっても、事件はまだ終わっていない。
間違った判断をしたことを認めてもらうまでは。

心優しい同級生たちが、植草さんのために誕生日会を企画している。
まだ先だが、今から楽しみにしている。

# by hirarin-601 | 2015-07-26 23:07 | 松江四中同窓会

プロフィール

みなさん、こんにちは。
私はクマちゃんと呼ばれてましたよ。
植草くんとは小・中学校が同じで、小学校では6年間同じクラスでした。
母親同士が友達だったこともあり、小学校3年生の夏休みには、
3家族で一泊旅行に行ったこともあります。
小さい頃親しかったので、彼の人柄を良く知っている証言者であると自負しています。

# by hirarin-601 | 2015-07-13 07:12 | 管理人のつぶやき