一秀くんの同級生のブログ

hirarin601.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

理解されない優しさ

 小学生の頃のかずちゃんは、弱い子や女の子にはとても優しかった。その植草さんが、またしても性犯罪で逮捕されたというのが、どうしても腑に落ちない。私には彼が人のいやがることをしたとはどうしても思えないのだ。
 事実はむしろ逆なのではないかと考えている。

 ことの発端は、8年前の電車内でのこと。ボックス席の向かいに座っていた女性が、通りかかった車掌に植草さんのことを『この人ちょっと感じが悪いんですが』と言ったという。
 植草さんは、当時太もものところに湿疹があり、何度か掻いたということ、荷物をひざの上において手で押さえていたが、電車が揺れたときに、小指が女性のひざに一瞬ふれたということは自覚している。
 それがなんと自慰行為をし、女性に触ったということにされてしまった。
 なぜか?
 それは、最初の車掌への説明で、
「もし不快な思いをさせてしまったなら申し訳ない」と謝ったことに尽きると思う。
 植草さんの謙虚さや優しさが、この車掌や訴えた女性にわからなかったために起こった不幸な出来事だ。普通、疑われるようなことをやってないなら、「ふざけるな。そんなことを考える方がどうかしてるよ!」ぐらいは言うのではないか。自分が考えてもいない容疑をかけられたら、普通の人ならみんな怒り出すのではないか。けれども、植草さんはとても穏やかな人で、決して乱暴な物言いをする人ではなかった。「話せばわかる」と、人を信じる人だった。
 残念なことに、普段から本物の痴漢と接している車掌には、植草さんの高潔さが理解できずに、深い思いやりから出た謝罪を、罪を犯した人の謝罪と勘違いしてしまった。
 その後駅の鉄道警察で、状況をいくら説明しても頭から信じてもらえず、夜の11時まで4時間も押し問答を続けた挙げ句、『もう時間切れだから認めなければ逮捕だ』と大声を上げて脅され、『触ったと認めて、上申書をここで書けば帰してやる』というのでしかたなく相手の言うとおりにしたと、植草さんは後日、「ライブドアPJニュース」の取材で語っている。
 その時は弁護士に相談するという考えが及ばず、そのまま誰にも言えずにいたら、後で検事に呼び出されたので再度事情を説明したが、上申書を既に書いていることを鋭く責められ、どうにもならないので罰金を払ったという。
 植草さんは当時よくテレビに出ていたので、マスコミに知られることを極度に恐れ、それを免れるために安易な妥協をしてしまったが、本当は筋を通すべきだったと悔やんでいる。
 なぜならこのことが、二年前の事件の裁判で検察側に利用され、植草さんには非常に不利に作用したからだ。

 セクハラは、被害者が「被害を受けた」と感じたら、セクハラの事実があったということになるそうだ。
 差別語も、言った人に他意がなくとも、言われた人が「差別された」と感じたら、やはり謝罪するべきだとする意見が多くなってきた。
 植草さんは、そういうデリカシーを人一倍持ち合わせている人なのだ。
「自分には全く身に覚えがないが、相手に不快感を与えたなら謝る」という言葉は、彼の思いやり深い謙虚な人柄を良く表している。それを「気の弱さ」としか取れない世間の方がどうかしていると、私は思う。

 二年前の事件では、手鏡でのぞいてもいないのに、どうして「被害者」とされる女性に示談金を払ったのか、やってないなら謝る必要がないだろうと、多くの人から誤解を受けた。(※脚註参照)
 これも、彼の優しさがアダになったと思う。

 今回、「人違いでしょう」と言ったのにも、被害に遭ったとされる女子高生に対する思いやりが感じられる。
 植草さんの「やっていない」という主張が本当なら、女子高生が嘘をついていることになる。嘘をついてまで人を陥れようとする悪意を、彼は認めたくなかったのだと思う。だから、人違いか勘違いという「逃げ場」を、植草さんが女子高生に残してあげたのではないかと思えてしまう。
 この「人違い発言」が、やはり不利に働くと言う人もいるので、どうかもう人のことは思いやらなくていいから自分のことだけ考えてと彼に言いたい。

 「人を信用しやすい自分の性格が災いしました」と去年植草さんは語った。私は更に「彼の優しさが世間に理解されないことが災いしている」と思う。
 謙虚さの美徳を讃えることも最近ではめずらしくなった。植草さんが理解されないことは、日本人が本来持っている美徳を失っていることに思えてならない。



※註 2004年の事件の際の示談について

   『AAA植草一秀氏を応援するブログAAA』で
       詳細説明がありましたので、
       こちらにも転記させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
植草氏は、2004年の事件の際、被害者と言われる女性と示談が成立していますが、
それはその女性に、『完全に容疑を否認しているという事を伝えた上での示談成立』です。
そして、その女性の方から『裁判にしないで欲しい』という希望が検察に出されたとの事。

1. 植草氏は容疑を完全否認していることは女性側にはっきりと
   伝えており、その上で成立したものであるということ。

2. そしてその了解後『裁判にしないで欲しい』という言葉も
   女性側から届けられたものであるという事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この点が、私の投稿でも抜けていたため、お読みになった方に誤解を与えることになったかもしれないと思い、補足説明とさせていただきます。
by hirarin-601 | 2006-10-25 03:21 | 事件