一秀くんの同級生のブログ

hirarin601.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「抗議文」を思いつく

最高裁の不当判決が出て以来、植草さんはいつ収監されてしまうのかとハラハラドキドキしていたが、今のところまったくその気配はない。植草さんは、相変わらず精力的にブログを更新し続けていらっしゃるし、「植草事件の真相掲示板」さんを通して支援者と、のどかにやり取りをするほどの余裕を見せている。
「刑務所に行ったら殺される」とか「遺言状を書いておけ」とかさんざん脅されたら(善意の忠告ではあるのだが)、私なら普通の状態ではいられないと思う。
自分ならたぶん正気を失うか、逃亡を企てるのではないかと思う。少なくとも何も手につかないだろう。
だから、ブログ更新で見せる植草さんの余裕を、驚きをもって眺めている。

その「真相掲示板」さんに「収監されない方策を考えるべき」との意見が出され、なるほどと思った。今まで最高裁棄却で必ず実刑になると思い込んでいたが、そう言えば「異議申し立てが認められなければ収監」とニュースに出ていた。
今頃弁護団は、最高裁に「異議申し立て」をしているに違いない。
私も自分なりに異議申し立てをしてみようかと思った。
ネットで検索してみたら、立派な「抗議文」が次々出てきた。
ネットで出てきたようなすごい文章は書けそうもないが、自己流で書いてみようと思う。
by hirarin-601 | 2009-07-02 16:42 | 警察・検察・司法