一秀くんの同級生のブログ

hirarin601.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏みかんさんの呼びかけに応じて

植草一秀さんを守りたい!「みんなでブログ・デモ行進」のお知らせ。 ブログで同日一斉に発信!
http://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/624.html

参加するブロガーが植草さんのことを書く日というわけですね。
このブログは植草さんの無実を訴えるブログですから、普通に更新すればよいのですね。(笑)

夏みかんさん、素敵な思いつきをありがとう!

↓夏みかんさんの記事から
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
植草一秀さんに実刑判決、収監の記事を目にしてから皆さまと同様に不安と怒りにかられ、
ブログを見るたびに気持ちが揺れ動き、何をどうしたらいいのか、ただ右往左往しておりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(以上)

夏みかんさん、まったく同感です。
こういう方がいて、なんかうれしい♪
私も最高裁判決が出てから夜眠れなくなりました。

植草さん、皆既日食を見るまで収監されないといいなと思ってましたが、セーフでしたね。
どこかでご覧になっているのでしょうか。

最高裁判決に対する異議申し立ては、必ず却下されているようですし、いくらおかしい判決でも一度出たものが覆ることは有り得ないわけです。
せめて、衆議院選が終わるまで収監を延期して欲しいと要望しようと考えてみたのですが、「植草一秀氏を守るBBS」でのキケロさんの答えによると、刑の執行は検察庁の管轄だそうです。
で、裁判所に手紙を書いたように検察庁に手紙を書けばよいのですが、検察に対しては積年の恨みが重なって、手がわなわなと震えてくる感じがして、とてもまともな文章が書けません。

検察官に対する私のイメージは、出世のために悪魔に魂を売った人です。
霊能者が見たらきっと肩にはぐるぐるしっぽの悪魔が乗っているのだろうと、偏見に満ちた想像を巡らしています。
検察庁とは悪魔が棲んでる悪魔の館だと思っているので、そんなところに手紙を書こうという気力が湧きません。
対等な人間として手紙を出すこと自体が、検察官にはまったく受け入れてもらえない気がします。
ひどい偏見ですみません。
お友達や身内に検察官がいる方、ごめんなさい。

「守る」ということについて言えば、私は「アンチの世論操作から植草さんを守る」ことが大切だと思います。
植草さんの身は大丈夫だと思っています。
大丈夫だと思って、今日は気持ちを植草さんに向けていますね。
by hirarin-601 | 2009-07-22 09:24 | 支援者