一秀くんの同級生のブログ

hirarin601.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

7月18日・第10回公判と、報道について

 7月18日の公判で検察側の「論告求刑」が行われた。4日の弁護側目撃者証言を受けて、検察側がどのように反論してくるかに注目していた。
 なにしろ先日の証人は、検察側の主張する品川駅からの0〜2分という連続した犯行時刻に、つり革に捕まった状態で「痴漢をしていない」植草氏を目撃し、完全なアリバイを証言したのだから。

 私の予測としては、検察側が起訴状の犯行時刻を2、3分後にずらし、目撃者がウトウトしていて植草氏を見ていなかった時間に変更してくるのではないかと懸念していた。(そのようなインチキは、実際よくあることらしい。)
 前々回のエントリーで書いた阿曽氏への批判は、「起訴状の犯行時刻の変更」というルール違反が、あたかも当たり前のことのように書かれていたことに憤慨したものだった。傍聴経験の豊富な阿曽氏には現実がよくおわかりだったのだろうが、私の常識としてはそんなことは許されてはならないのである。

 検察側は、私の予測に反して犯行時刻の変更はせず、4日の証人が同じ電車に乗っていたかどうかが疑わしいと反論してきた。その内容ついては「植草一秀氏を応援するブログ」の「7月18日:論告求刑」に詳しく書かれている。

 18日の公判は検察側の論告求刑だったためか、多くの新聞が報道したが、相変わらず検察寄りの偏向記事ばかりだった。そんな中で唯一、植草氏側の主張も載せている報道があり、目を見張った。

 植草事件求刑で検察側が決定的事項認める
             ライブドアPJニュース

 マスコミ各社によって隠蔽された公判内容を伝える報道を初めて目にした。事実を知りたい方は、是非ご一読ください。(※注 今ではリンクが切れています。--2015年7月追記)

☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆。


 今回の公判報道でも各社揃って悪質な捏造/偏向記事を書き、集団いじめ体質を露呈したところはみごとだった。
 以下、独断と偏見で順位をつけてみた。


第3位 犯人視報道「スポーツニッポン」

 「痴漢の植草被告に懲役6月を求刑」という見出しは、さりげないが悪質である。
 「痴漢の…」は「痴漢事件で係争中の…」を略したとでも言いたいのだろうが、そんなものを略してはいけない。「被告」ではあるが、まだ判決が出たわけではない。
 「痴漢をやった」と決めつけるかのような犯人視報道には、人権意識のかけらもない。


第2位 警察に代わって被告が真犯人を捜さないといけないというおもしろ記事「日刊スポーツ」

 「弁護側は真犯人が別にいると主張していたが、論告は「被告は真犯人を捜そうとしておらず、真犯人というのは架空の産物」としている。」という記事。
 「被告は真犯人を捜そうとしておらず…」って本当に検察官が言ったのなら、国民は怒るべきだ。真犯人を捜すのは被告ではなく、警察の仕事である。真犯人を捕まえなければ無実を主張できない決まりなどない。


第1位 「論告」の意味を知らない「ZAKUZAKU」と、何を蹴ったの?「毎日新聞」

(「応援ブログ」より熊八さんのコメントを引用する。)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 ZAKZAKですけど、「怒涛の攻めで、無罪を主張する植草被告を論破した」って、論告公判って討論ですか?
 検察が一方的に作文を読み上げただけでしょ…

 この「論破」も、毎日新聞の「一蹴」も、非常におかしいのは、検察は先攻めであるからです。
(※註 毎日新聞は「弁護側が主張した真犯人の存在については「被告は全く見ておらず、想像上の産物だ」と一蹴(いっしゅう)。」と書いた。)
 先攻めが何を論破するんですか?論破すべき同等の主張が、まだ無いんですから。
 検察側の「論告」があって、弁護側の「弁論」(次回公判ですね)があります。それだけ出揃って、やっと、どちらの主張が強いかを比べることができます。(証拠(証言)に基づいて)
 後攻めの弁護側が、先攻めの検察側の主張を論破・一蹴するというのならわかります。
 検察が何を論破・一蹴したって言うんでしょう?(まぁ、蹴るのは勝手ですけれど)
 不思議な記事です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 記者の無知と権力への迎合ぶりを伝える恥ずかしい記事である。


誤報・捏造グランプリ 容疑を認めたという嘘記事「毎日新聞」

 「いったんは容疑を認めて自殺を図ろうとした植草被告…」と書いているが、これは嘘である。植草氏は一度も容疑を認めていない。
 検察が「容疑を認めた」と主張したというなら、植草氏が「一度も容疑を認めていない」と主張したことも合わせて報道すべきである。
 「毎日新聞」は事実無根報道をしたとして、民事裁判で植草氏に訴えられている。そのためか、捏造記事を書いてまで「有罪」の印象操作を行おうとしている。悪質の上塗りである。
by hirarin-601 | 2007-07-20 17:40 | 報道